熟女ブームがあるから人妻の需要が高くなっている

風俗の仕事と言えば以前は若い人が多かったわけですが、最近では若い人も当然いる一方で、30歳以上の人妻も多くなっています。風俗店がなぜそういう人妻たちを増やしたのかというと、人妻に対する需要が高まっているからです。そういうブームに乗っかって人妻専門店や熟女専門店の風俗も多くなっています。なぜ人妻に対する需要が高まっているのでしょうか。

若い男性が人妻に対して落ち着きを感じるから

若い男性が同じくらいの女性と付き合うということになると、やはり男性側が積極的にリードしないといけないということもあって、疲れてしまうということがあるでしょう。かえってプレッシャーを感じてしまって楽しくないということもあるでしょう。

それに対して風俗店で働いている人妻に対して性的サービスを受けると、こちらから積極的にリードをする必要が無く、常に受け身でも構わないということもあって、非常に楽だということです。楽だからとても落ち着きますし、大人っぽいなあと感心してしまいます。意外と若い男性の中には熟女と言いますか人妻が好きだという人は多いです。

癒しを求めていきたいから

サラリーマン男性も仕事や家庭に疲れています。疲れていますので、やはりどこかで癒されたいなあと思っている時に、人妻というのがかえって良かったりもします。自分たちの存在意義を改めて確認するためにも自分たちのことをしっかりと癒してくれる人妻は相手としてもふさわしいわけです。

人妻の需要はとても高い

風俗業界において人妻ブームの影響で、そういう人たちを集めた専門店なんかもあるくらいです。人妻が若い人と違うことは包容力があることと癒しがあることです。こういう2点を特に求めたい人は人妻はいいのではないでしょうか。

何歳まで風俗で働くことができるのか?

風俗の仕事というのは精神的にも肉体的にも疲れますので、若い人に向いている仕事だと言えます。ただ、熟女ブームなどで30歳以上の人でも働けるチャンスは増えてきたとも言えます。実際にはどのくらいまで風俗で働けるのでしょうか、そのことについて説明していきます。

30代以上でも始められるようになった

風俗の求人を見てみると年齢制限が書かれてあることが多いわけで、30代の後半になると風俗で働けなくなるということもあり得ることです。しかし、人妻や熟女に癒されたいというような男性が増えていくと、30代以上でも風俗で働き始めるということも珍しくなくなります。

若い人が多く働く風俗店であれば、30代以上になると抵抗を感じるわけですが、30代以上が多く集まるような人妻や熟女が多い風俗店であれば、このぐらいからがスタートで働き続けることができると言ってもいいでしょう。今のブームがずっと続くのであれば、30代以上からでも風俗店で働き始めることが可能です。

自分の体力が続く限り働くことは可能

30代から風俗勤めが始まっていつまで働くことが可能なのかというと、自分の体力が続くまでということになります。体力が続くのであれば50代でも60代でも働き続けることは可能です。熟女であっても売り上げが上がらないとなかなか続けることができなくなりますので、指名客を着実に増やすということが必要になります。

体力が続けば何歳でも働き続けることはできる

風俗の仕事は年を重ねていくにつれて厳しくなる側面があります。30歳ぐらいから働くことはでき、自分の体力が続く限り働き続けることは可能です。ずっと働きたいのであれば、それなりに体力を保つことが重要になります。

人妻専門店で働いている人は本当に人妻なのか?

風俗店の中には人妻専門店と呼ばれるジャンルがあります。これもブームによってこういう専門店が作られているということです。風俗店にはいろいろな業種があるわけですが、一番人気があると言われているデリヘルの中でも、人妻デリヘルで働いている女性はいます。こういうところであれば間違いなく人妻は重宝されると言ってもいいでしょう。

人妻という定義は幅広い

人妻専門店であれば、全員が人妻という風に思っているかもしれませんが、実は全員がそうであるとは限りません。実際に人妻で働いている人も確かにいるわけですが、結婚歴があるバツイチ女性やシングルマザーで働いている女性、独身ですが人妻のようなオーラが出ている女性も確かにいます。

人妻というのは私たちが思っているよりも幅広いということが言えます。人妻という名称を使えば風俗店自体の売り上げが上がるという側面があるので、それらしき人を採用していればいいだろうということで、人員を満たしています。

あくまで人妻系の風俗店である

人妻専門店とは言っても本当の意味での人妻だけが在籍しているというわけではなく、あくまでも人妻系の風俗だということです。お客さんとしても本当に人妻なのかということについて調べようがないわけですから、その雰囲気を楽しんでいると言ってもいいでしょう。人妻系の風俗店でありますから、自ずと若い人というのはいなくて30代以上の女性が多くなっています。

人妻もいるが、そうでない人もいる

人妻専門店で働いている女性というのは人妻というコンセプトがあるために、人妻が多くいるのかと思いきや、シングルマザーやバツイチの女性なども中にはいますし、30歳を超えた独身女性もいます。

マイナンバー制度によって風俗勤務でバレる可能性があるのか?

風俗で働いていることを多くの場合夫などの家族には内緒にしているのではないでしょうか。マイナンバー制度によってばれるとなると困ってしまいます。ここではマイナンバー制度と風俗勤務との関係について解説していきますので、これによって風俗勤務がばれるのかどうかよく確かめておいてください。

風俗勤務でマイナンバーを提出することが無い

マイナンバーとはどういうものかというと、国民それぞれに割り振られた12ケタの個人番号のことです。マイナンバーが割り振られることによって、税金の徴収漏れなどを防ぐという役割があります。国民にとってはあまりメリットを感じることはないのですが、税金徴収などの面からするとお金の流れが分かりやすくなります。

風俗勤務を行う時というのは、別に風俗店と風俗嬢との間で雇用関係があるというわけではありません。つまり、給与所得ではありませんのでマイナンバーを提出する必要が無いということが言えます。マイナンバーを提出する必要が無いのであれば、家族にばれるという心配はないとも言えるでしょう。

事前にマイナンバーを提出するかどうか確認する

事前にマイナンバーを提出する必要があるのかどうかというのは、求人を応募する時に確認しておくといいでしょう。どうしてもばれたくないということであれば、マイナンバーを提出する必要が無い風俗店で働くといいのではないでしょうか。基本的にマイナンバーによってばれるということはありませんので、気にしないほうがいいです。

マイナンバー制度によってばれることはない

給与をもらっているところであれば、マイナンバーを提出する必要があるわけですが、風俗勤務は給与所得ではありませんので、事前にマイナンバーを提出する必要はないです。提出する必要が無ければばれる心配はないです。

シングルマザーでも風俗であれば働きやすい

日本においてシングルマザーとして母親だけで子育てをしているという家庭が増えてきています。子育てをするのに親の協力が得られるのであれば、働きに出かけることもそんなに苦労しないわけですが、親の協力が得られないのであれば、働くことも難しいのではないでしょうか。そういう時に、風俗であればシングルマザーにおいてもお金を稼ぐことがそんなに難しくありませんし、時間の融通も効きやすいです。

普通に働くよりも収入が多くなる

シングルマザーの家庭というのは一般家庭に比べると収入は低いというデータがあるほどです。小さな子供がいるということであれば、なかなか稼ぐことができなかったりします。収入が少ないのであれば、生活保護に頼るということも少なくないです。

そこで風俗で働くということに抵抗が無ければ、風俗で働く方が時間的な融通が効きますし、収入も高くなります。生活するにに四苦八苦していたにもかかわらず、子育てのためのお金にも使えますし、貯金する余裕もあるほどです。

託児所が完備している

風俗店では託児所を完備しているところもあります。そういうところであれば、勤務時間中は子供を託児所に預けることができますので、安心して働くことができるのではないでしょうか。遅い時間であっても対応してくれるところが多いですので、なおさら安心できます。仕事が終わり次第子供と一緒に帰ることも可能です。

シングルマザーでも働く環境が整っている

シングルマザーの女性が不自由なく働くとなると、風俗で働くのが一番良かったりします。風俗で働くということに抵抗を感じることもありますが、収入面や環境面においては恵まれていると言ってもいいでしょう。託児所や寮を完備しているところもあるほどです。