寅さんは家族で見る作品にはとても面白く少し切なくてピッタリです。

寅さんシリーズのものをテレビ放送でいつも見ています。
その中で渥美清さんの面白さに見入ります。
この人の抗弁の上手さは世界一だと思います。
寅さんはいつも水戸黄門のように同じ道をたどり最後には旅に出るというものです。
マドンナが必ず出てきてマドンナに恋をして、そのマドンナを追っかけまわしているとマドンナの彼氏が現れてしまう。
何故ならマドンナは超美人だからです。
誰でも好きになるくらいの美人を追っかけまわすのでそれは振られるなと思います。
寅さんシリーズの中で吉永小百合さんの1972年の男はつらいよ柴又慕情でのマドンナ役です。
この吉永さんの瑞々しい美しさは抜群です。
話し方のきちんとした感じが良い所のお嬢様の雰囲気で、父親が小説家で母親は早くになくなっているので、父に対して好きな人と一緒になりたいのを言っても勝手にしろと言う風に言われて落ち込んでいる。
父親を一人にしてお嫁に行けないと思っているがでも最終的には自分の人生を選んで嫁に行ってしまう。
寅さんにその鬱々としたときに元気をもらえるととらやに足が向く。
その際に寅さんはまた行くわという言葉にずっと待っている。
そんな純粋な寅さんが見れます。
でもお決まりのマドンナには相手がいるので旅立っていく。
とらやのみんなもまたかと思い、からかってしまうが寅さんは寂しく旅に出ていく姿を桜がいつものように慰める。
寅さんは故郷があるので帰ってくるのですが、旅に出ていてもとらやのみんなを夢で劇中劇のように見ていたりその面白さは凄いです。
夢が覚めるといつもバス停や駅など旅一座とともにいたりします。
人との出会いはこの人の右に出るひとはいないと思います。
でもこの旅に出るということは別れがいつもあるので置いて行かれる家族はいつも悲しいのです。
でも寅さんが帰ってくると大騒ぎです。
帰ってくると嬉しいがいつも騒ぎを起こす寅さんはいつも笑いの種です。
寅さんは自分の身内なら本当に大変ですが、これが映画で面白く見れているので幸せなのだと思います。
渥美清さんはこの寅さんシリーズが有名でこんなに人に愛されている俳優さんはいないかなと思ってしまいます。

奥が深いストーリーに仕上がっている「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」

全世界で爆発的なヒット作品として知られている「スター・ウォーズ」シリーズですが、その中でも「エピソード3/シスの復讐」は映像のすごさやアクションシーンだけではなく、興味深いストーリーが印象に残る作品です。この映画のテーマは「スター・ウォーズ」シリーズに欠かすことのできない「ダース・ベイダー」の誕生秘話です。もともとは宇宙の平和を守るための「ジェダイの騎士」として活躍していた主人公「アナキン・スカイウォーカー」が、組織の中で自分が認められないというもどかしさ、そして最愛の妻を亡くすかもしれないという不安な気持ちにより、徐々に心が変化していく様子が描かれています。さらに心が揺らいでいるその時、権力と力を有する邪悪な人物、「パルパティーン」にそそのかされ、二人で宇宙を征服しようという誘いに乗ってしまうのです。
「パルパティーン」は「アナキン・スカイウォーカー」に対し、ダークサイドに足を踏み入れれば権力を得ることができ、尚且つ妻を救うことができると述べます。そしてこの言葉を信じ、「アナキン・スカイウォーカー」はダークサイドに陥り、「ダース・ベイダー」となるわけです。これまで「アナキン・スカイウォーカー」は妻が苦しみ、最後に死んでしまうという夢を何度も見てきました。そして残念なことに、この夢が現実のものとなってしまうのです。しかも妻が死んだ原因は最愛の夫がダークサイドに陥ったことによる悲しみでした。つまり「アナキン・スカイウォーカー」は独り相撲をとっており、結果的に彼が妻を殺してしまったのです。この事実を知った彼は怒りと悲しみによって覚醒し、さらなる力を得て宇宙征服に挑むところで映画は終了します。
このようなストーリー展開は、現在社会に生きる人たち全てが学べる大切な点を教えていると感じました。誰でも不安な気持ちになることがあるということ、そしてその不安が最高潮に達したときに何かにすがりたいという思いが強くなり、状況によっては間違った道に足を踏み入れてしまうというという点です。そして間違った道を選択したとき、家族や友人などの親しい人たちを悲しませてしまう結果になるという点も忘れてはなりません。この映画はアクションシーンがすごいだけでなく、非常に興味深い内容となっています。

テレビ版から大きく飛躍した映画版Gのレコンギスタ・行け!コア・ファイター

映画Gのレコンギスタ・行け!コア・ファイターはガンダムシリーズの系譜にあるテレビアニメGのレコンギスタを再編集し、新規作画や新しいセリフの追加などを行ったものです。ガンダムシリーズの時代である宇宙世紀を経て、リギルド・センチュリーという時代になり軌道エレベーターという施設で宇宙と地球を行き来し、超越したエネルギー源であるフォトン・バッテリーによって人々の生活がまかなわれており、技術進歩の禁止など統制の進んだ作品の世界観となっていますが、こちらの説明もより分かりやすくなっており、海賊部隊によるフォトンバッテリーの強奪事件からキャピタルタワーと呼ばれる世界の中枢を担う地区の軍備の増強が始まり、戦争状況に入っていく中での軌道エレベーターの演出の変化や、軌道エレベーターの駅にあたる施設の外観の大きな変化はテレビシリーズとの大きな違いです。
ガンダムシリーズといえばモビルスーツの迫力のある戦いも大きな見どころですが、こちらも主人公の機体であるG-セルフの目の描写が新しくなっており、目線の演技が非常に生えるものとなっています。また、海賊部隊のモビルスーツ・グリモアの目などもインパクトある演出がみられます。また、テレビ版にはない出撃前の敵モビルスーツ・エルフ・ブルのシーンも迫力があり、次作への期待を持たせてくれます。
キャラクター面ではストーリー初期に退場する重要人物カーヒルと作品のヒロインであるアイーダの関係性がより強く描かれており、セリフや回想などによってより分かりやすいものとなっています。また、主人公ベルリ・ゼナムの心情もより丁寧に描かれており、作品に入り込みやすくなっていることも特徴です。
ストーリーの大筋自体は変わっていませんが非常に新鮮な気持ちで楽しめるため、まだGのレコンギスタを見たことはない方はもちろん、テレビシリーズをすべて見たという方にも新たな演出やセリフだけでなく、大画面で楽しめるという点も含めて映画版は非常におすすめです。