マイナンバー制度によって風俗勤務でバレる可能性があるのか?

風俗で働いていることを多くの場合夫などの家族には内緒にしているのではないでしょうか。マイナンバー制度によってばれるとなると困ってしまいます。ここではマイナンバー制度と風俗勤務との関係について解説していきますので、これによって風俗勤務がばれるのかどうかよく確かめておいてください。

風俗勤務でマイナンバーを提出することが無い

マイナンバーとはどういうものかというと、国民それぞれに割り振られた12ケタの個人番号のことです。マイナンバーが割り振られることによって、税金の徴収漏れなどを防ぐという役割があります。国民にとってはあまりメリットを感じることはないのですが、税金徴収などの面からするとお金の流れが分かりやすくなります。

風俗勤務を行う時というのは、別に風俗店と風俗嬢との間で雇用関係があるというわけではありません。つまり、給与所得ではありませんのでマイナンバーを提出する必要が無いということが言えます。マイナンバーを提出する必要が無いのであれば、家族にばれるという心配はないとも言えるでしょう。

事前にマイナンバーを提出するかどうか確認する

事前にマイナンバーを提出する必要があるのかどうかというのは、求人を応募する時に確認しておくといいでしょう。どうしてもばれたくないということであれば、マイナンバーを提出する必要が無い風俗店で働くといいのではないでしょうか。基本的にマイナンバーによってばれるということはありませんので、気にしないほうがいいです。

マイナンバー制度によってばれることはない

給与をもらっているところであれば、マイナンバーを提出する必要があるわけですが、風俗勤務は給与所得ではありませんので、事前にマイナンバーを提出する必要はないです。提出する必要が無ければばれる心配はないです。

関連する記事